離婚の財産分与|分け方よりも評価の仕方も難しい

夫婦であった期間が長ければ長いほど夫婦共同で形成したとされる財産が増えてきあmす。
これが預貯金など和kじゃりやすい物であれば分けるのも簡単でし。
しかし、離婚における財産分与で分けるのが難しい財産もたくさんあります。

それは不動産・保険床証券などさまざまな財産があります。
その財産を軽視するにあたり、が結婚前からあったの財産が投入されたのか?

離婚お財産分与は、夫婦の両方が納得すれば、どんな分け方でもかまいません。
そこに明確なルールはありあm線。
ただ、当事者のどちらかがその財産の分け方に納得できない場合は家庭裁判所などの第三者の判断を仰ぐことになります。

どの財産をどのように評価して分けるのか?

特に夫婦の住まいが持ち家の場合、問題は複雑になります。
不動産は刻一刻とその価格は変動するからです
たとえば
購入時 3000万円
別居時 2700万円
離婚時 2400万円

現在の実務上においては、離婚時の評価をもとにします。

したがって、離婚の財産分与で持ち家の評価は2400万円として考えます。

しあkし、持ち終えの場合は住宅ロー^ンがついていることがほとんどです。
この場合、住宅ローンの残高をひかなくてはなりません。
ではこの時の住宅ローンの残高は?
という問題もあります。
この場合、別居時の住宅ローンの残高を引きます。
離婚には別居期間がながいものもあります。
時に数年から10年以上の別居ということもあります。

先の例では
別居時の住宅ローン残高が2000万円
離婚時の受託ローン残高が1600万円
であれば
離婚時の持ち家価格2400万円 - 別居時の住宅ローン残高2000万円 = 400万円
と考えて この400万円を夫婦二人で分けwることになります。

あくまでもこれは実務上の考え方であり、こうしなければならないという訳ではありません。

離婚する府府にはいろいろな事情や離婚する原因もさまざまです。
子供のことを考えて
離婚の原因を作ったのはだれ?どんなこと?
さまざまなことから夫婦二人で離婚の財産分与のうあり方は決めればどんな分け方で構いません。
シングルマザー 末路

彼氏に振られたのは愚痴ばかり話していたから?バリキャリ女性は要注意

久しぶりに彼氏に会った時に仕事の愚痴ばかり話していませんでしたか?
今は女性もバリバリ働いています。
ですから女性にも死後意図のストレスは相当大きいものです。
「職場のお局の●●が超ムカつくの:
「綿所の上司が無能でいつも指示が悪いの。この前もね・・・」
ついつい仕事の愚痴を彼氏任ぶつけてしまいがちです。
初めは
「そうだね」
「それは大変だね」
と相槌を打ってくれていた彼氏も
「それはちょっとちがうんじゃないかな」
と時にはあなたをいさめるかもしれません。
しかし、そんな彼氏からの反論にカッとなったあなたは
「あなたはなにもわかっちゃいない!」
と今度は怒りの矛先を彼氏に向けてしまったことはありませんか?

損あことを繰り返していたらあkれ氏からの連絡が途絶えてしまった・・・
最悪の結果に後悔しても後の祭りです。

はっきりいって仕事の愚痴は
「仕事がうまくいかない原因を誰かのせいにしている」
ことに気が付かなければいけません。

彼氏に仕事の愚痴をぶちまけているのは、意外と職場で自分の意見を言わない内弁慶な女性が少なくありません。
職場なので面と向かて議論するのが嫌だから彼氏にそpの鬱憤bンを美地負けているのです。

あるいは「自分が優れている」という過剰なうぬぼれかもしれません。
現実的な自分の実力を過信しているのです。
仕事のでうまくいかにあのは自分の力不足ではなく、他の誰かのせいにしているのです。

でも、彼氏からすればそんなこと関係ありません。
楽しいデートのはずが、いつも会うと彼女の仕事の愚痴を帰化されていてはいつカアイソウをつかされても仕方ないのです。

ですので仕事の話題を彼氏と話すのは控えて法が賢明です。
いくら話したところで彼氏に100%理解してもらうことは困難だからです。
そして仕事の愚痴をこぼしているあなたの顔は決して可愛いものではありません。
ひょっとしたら彼氏には意地悪な女性に見えているかもしれないのです。
悪いことは言いません。
彼氏に仕事の愚痴をこぼすのはほどほどにしておきましょう。
復縁 可能性 元彼