朝食

朝食が大事だということはいろんなところで耳にしますよね

睡眠から目覚めた体は栄養を欲しています。

それは睡眠中に何も栄養を摂取していないからですね。

とても単純です。ですので、朝摂取する栄養は、体に吸収しやすくなっています。

そんな状態なので、朝摂取する栄養素はとても大事です。

そんなことはわかっていても朝は忙しいものですね。

自分の身支度であったり、家族や子供がいる場合は自分だけではすまない場合も多いですよね。

小さい子供であればあるほど、着替えをさせたり、朝食を取らせたり、歯を磨かせたり、トイレに行かせたり、準備が山程あります。

そんななかなかなか自分に時間をかけられない状況の人も多いですよね。

朝食は大事ですが、どれくらいのしっかり朝食をとるべきなのでしょうか?

一説によると、朝食はこれから夜にかけて体を活動されるエネルギー源・ガソリンのような役割のため、朝食は一番しっかり摂るべきだ、という人もいます。

そして、その次が昼食。これは午後に活動するために重要なエネルギー源になるものの、朝食の貯金が多少なりともあるため、2番手だそうです。

そして一番少なくて良いものが夕食だそうです。というのも、夕食のあとは基本的に活動は少ないですよね。これから休息にはいるため、朝食や昼食ほどエネルギー源は必要ない、とのことです。

イメージとしては、逆三角形のような感じになりますね。

一般的に、一日のご褒美として夕食に豪華でしっかりしたものを摂取しがちですよね。晩酌もあるでしょう。

理屈では朝食->昼食->夕食の順で摂取する食事の量をさげていくということはわかっていたとしても、心理的だったり、時間的余裕の観点からも実態は逆になりがちだと思います。

では、このギャップを埋める解決策はあるのでしょうか?

解決策の一案ですが、朝食をしっかり準備・摂取するために、前の晩にできる限り準備しておく、というのはあろうかと思います。

そして、朝は電子レンジであたためるだけ、とかお皿にもるだけというように時短になるような工夫をしていく、というのはありそうですよね。

これができるのであれば、朝しっかりした朝食がとれるかもしれません。

他には案はないのでしょうか?

それについては次回のお話として取っておきたいと思います。

 

泡ワセリン 市販

女心と紫外線のお話

紫外線はお肌の天敵です。紫外線は3月頃から徐々に増えてきます。乾燥する冬を乗り切った肌を紫外線から守り、美肌づくりに努めましょう。紫外線は悪天候や室内でも肌に悪影響を及ぼすことがありますね。紫外線をできるだけ避けることはコロナ対策と同じくらい重要です。

日焼け止めは、私たちの日常生活に欠かせない予防策です。日焼け止めを塗った後は、ファンデーションでカバーするとさらに安全です。外出しない日は面倒だから化粧しない方も多いと思いますが、日常生活でも短時間でも紫外線を浴びることは多いので、乾燥、洗濯物や花への水やりなどでも気をつけましょう。

日焼け止めを塗るときは、ムラにならないようにすることが大切です。日焼け止めを塗る前は、ベースメイクをするときもしっかりと肌を整えましょう。ここで手抜きしていませんか?

日焼け止めはしっかり塗っても、乾燥や汗で色褪せて崩れがちですね。日焼け止めは定期的に塗り直すことが大切です。クレンジングで洗顔してから基礎化粧をするのがベストですが、忙しい毎日の中でなかなか難しいもの。わたしもいつも失敗します。

肌が乾燥して油っぽい場合は、再度塗布する前に必ず取り除いてください。皮脂をそのままにしておくと酸化して黒くなり、肌がくすんでしまいます。肌が乾燥している場合は、そのままにせず、化粧水やミストで肌を整えてください。そのままにしておくとどんどん崩れていきます。

汗をかくとメイクも日焼け止めも落ちて、素肌が現れます。汗を拭いた後は、こまめに日焼け止めを塗り、メイクをし直してください。こうした日々の積み重ねが紫外線対策として重要です。そして10年後、20年後に大きく差が出るのです。

女性は70歳くらいになっても50代くらいのふりをしていたいですよね。60代ではなく50代がいいのです。それが女心(笑)というもの。そのためにも紫外線対策をまじめにがんばりましょう。
妊娠線 目立たなくする

いつかはスタンウェイ

昔むかし、学校で「産業革命」について習ったことがありますね。18世紀後半にイギリスから始まった技術革新による産業構造の変化と経済発展のことです。思い出したでしょうか?

産業革命によって、ピアノにも大きな変化がもたらされました。それはどんな変化でしょうか。アメリカでの大量生産による低価格化と、アップライトピアノの市民層への普及。これはすごいことです。

低価格で良質なアップライトピアノがキンボールやボールドウィンなどによって大量に作られるようになりました。今も昔も「低価格」と「良質」という二つは商品の流通に欠かせない要素です。

第二次世界大戦が勃発するとヨーロッパは荒れ果ててしまい、敗戦国ドイツのピアノメーカーは生産を休止せざるを得なくなりましたが、戦勝国アメリカにいたスタンウェイは戦後も生産を続けました。コンサートグランドの分野において確実に力をつけていったのです。

スタンウェイ氏は、1849年にドイツからアメリカへと渡りました。1853年になると、スタンウェイ一族はニューヨークでアップライトピアノを作り始めました。その後1856年にはグランドピアノ製作に着手したのです。

1859年、低音部の軟銅線を2重にして巻くという方法によって弦の長さを短くすることに成功しました。そして現代のピアノと同じ7オクターブと4分の1で2本ペダルのピアノが作られていたのです。

第二次世界大戦の被災を免れたスタンウェイ氏はピアノ生産を続け、世界シェアを独占することに成功しました。現在でも数々の国際ピアノコンクールでスタンウェイのコンサートグランドが活躍していますね。

スタンウェイピアノは世界のあらゆるところで一流ピアニストたちに愛され、ピアノ愛好者たちに憧れられているのです。「いつかはクラウン」ならぬ「いつかはスタンウェイ」と夢見ていても結局かなわない、的な。

こちらの記事も読まれています⇒ ピアノ弾けるようになりたい

スタンウェイもいいけど、ベヒシュタインもすごくよくないですか?イタリアのファツィオリもよくないですか?ベーゼンドルファーも興味深いし。しげるカワイも弾いてみたい。ブーニンが自宅の練習用にしげるカワイを入れたそうですよ。

「いつかはスタンウェイ」だけじゃないですね。ファツィリオF275を2時間万円で弾くことができるそうです。そういう贅沢してみたいと感じるコロナ禍の今日この頃です。

.

合コンのセッティング方法

大学生になったら合コン!というふうにハイテンションになってみたのの、まとめ役になって、合コンというのは何するの?セッティングはどのようにすれば?このような悩みを持ちますよね。
こちらのページでは、合コンやまとめ役が初めてな大学生であったとしても100パーセントうまくいく合コンのやり方を案内していきますから、バッチリ読んで準備万全で合コンにいざ挑戦していきたいものです。

それでは合コンをプランニング(セッティング)するファーストステップのメンバー選定です。このポイントはダントツにポイントだと言ったとしても過言ではありません。
かわいらしい子やスタイリッシュな人がやって来たら、どんな人でも喜びますが、とりわけ大学生のケースはノリの良さが大事になってきます。
素晴らしいパーティにするためにも、エチケットが守れる人、雰囲気の読める人など、異なったタイプの人をラインナップしたほうが良いでしょう。
人数については3:3、あるいは4:4がベストです。2:2とか人数があまりにも少ないと、相性が合わない可能性も高くなるので、必ず3対3以上でラインナップしたほうが良いでしょう。

合コンのメンバーが決定したら、その後はスケジュールを決定していくことが大事です。
メンバーで ライン のグループを作って、スケジュールを決定することが上手くいくと思います。
ライン には ライン スケジュールといった、 ライン のグループメンバーでスケジュールを調節できるシステムがあります。
大学生はカリキュラムやアルバイトもありますから、金曜日の夜の時間帯や土曜日の夜中に行うのがいいと言えます。
金曜日の夜の時間帯や土曜の夜になると、お店が混みやすいことだって想定されるので、スケジュールが決まり次第できるだけ早くお店を選択して予約したほうが良いでしょう。

2次会の場所についてはカラオケがスタンダードだと言えますね。

ゼクシィ縁結びエージェント 必要書類

季節の変わり目はどうして肌トラブルがおきやすいのか

季節の変わり目はなんとなく気分がすぐれない。体調をくずしやすい。などと良く聞きますよね?
また、美容面でも季節の変わり目は肌トラブルがおきやすいといわれています。
では、どうして季節の変わり目は肌トラブルが多くなるのでしょうか?

その前に、まず「季節の変わり目」とはいつのことなのでしょう?
季節の変わり目とは、一般的に朝晩の気温差が月平均で1ヶ月5度以上あるときを「季節の変わり目」と言われています。朝晩の寒暖差が月平均で5度以上あるのは、春の始まりの3月~4月、秋の始まりの9月~11月です。また、寒暖差の月期平均で4.5度程度の6月~7月も季節の変わり目と言われています。つまり、日本には四季がありますが、12ヶ月のうち半分は「季節の変わり目」ということになります。

季節の変わり目は気温や湿度が大きく変化するので、この寒暖差が体や肌の不調の原因の一つになっています。寒暖差がお肌のバリア機能を低下させるので肌トラブルがおきやすくなるのですが、1年で最も肌トラブルがおきやすいのが、9月~11月といわれています。

あなたも、冬が近づくと

・乾燥する
・カサカサする
・かゆくなる
・赤くなる
・ニキビができる

このような肌トラブルが出た経験はありませんか?これは、夏、紫外線により受けたダメージを回復する間もなく、乾いた空気が肌を乾燥させるためにおこります。

バリア機能は、最近では良く耳にするのでご存じの人も多いでしょうが、美容においてとても大切な機能なので簡単におさらいしましょう。

バリア機能とは、皮膚表面の角層が持っている機能のことです。このバリア機能があるおかげで体の水分蒸発を防いだり、外的刺激から肌を保護してくれているのです。バリア機能が正常に働いていると、うるおいのある健康で美しい肌と言えますが、一方バリア機能が低下すると、とたんに肌トラブルがおきやすくなってしまいます。

季節の変わり目、寒暖差によりバリア機能は低下し乾燥することで肌トラブルがおきやすくなるということです。つまり、肌の大敵は乾燥であって、最も大切なのがうるおいということです。

日本には四季があります。ですから一年中、同じお肌のお手入れというわけにはいきません。とくに、9月から11月の季節の変わり目は要注意なので、しっかりうるおいケアがとても重要になってきます。
ヒクセラム 通販