女心と紫外線のお話

紫外線はお肌の天敵です。紫外線は3月頃から徐々に増えてきます。乾燥する冬を乗り切った肌を紫外線から守り、美肌づくりに努めましょう。紫外線は悪天候や室内でも肌に悪影響を及ぼすことがありますね。紫外線をできるだけ避けることはコロナ対策と同じくらい重要です。

日焼け止めは、私たちの日常生活に欠かせない予防策です。日焼け止めを塗った後は、ファンデーションでカバーするとさらに安全です。外出しない日は面倒だから化粧しない方も多いと思いますが、日常生活でも短時間でも紫外線を浴びることは多いので、乾燥、洗濯物や花への水やりなどでも気をつけましょう。

日焼け止めを塗るときは、ムラにならないようにすることが大切です。日焼け止めを塗る前は、ベースメイクをするときもしっかりと肌を整えましょう。ここで手抜きしていませんか?

日焼け止めはしっかり塗っても、乾燥や汗で色褪せて崩れがちですね。日焼け止めは定期的に塗り直すことが大切です。クレンジングで洗顔してから基礎化粧をするのがベストですが、忙しい毎日の中でなかなか難しいもの。わたしもいつも失敗します。

肌が乾燥して油っぽい場合は、再度塗布する前に必ず取り除いてください。皮脂をそのままにしておくと酸化して黒くなり、肌がくすんでしまいます。肌が乾燥している場合は、そのままにせず、化粧水やミストで肌を整えてください。そのままにしておくとどんどん崩れていきます。

汗をかくとメイクも日焼け止めも落ちて、素肌が現れます。汗を拭いた後は、こまめに日焼け止めを塗り、メイクをし直してください。こうした日々の積み重ねが紫外線対策として重要です。そして10年後、20年後に大きく差が出るのです。

女性は70歳くらいになっても50代くらいのふりをしていたいですよね。60代ではなく50代がいいのです。それが女心(笑)というもの。そのためにも紫外線対策をまじめにがんばりましょう。
妊娠線 目立たなくする

音声入力について

音声入力ほど便利なツールはないように思っています。
自分はブラインドタッチができないので特に音声入力は助けになっています。
音声入力のいいところは確かに入力スピードも上がります。
ただそれだけではなく疲れ方が全く違うというのが最大の特徴じゃないかなと自分は考えています。
キーボードから文字を入力する時には変換について背に頭を働かせていないとできません。
それがとっても頭を疲れさせるのです。
音声入力の場合には文字変換とか細かなことを考えずに思ったものをどんどんどんどん口にすればそれが文字に変換されて行きます。
難しく考えるとなかなか文章は書けません。
それよりもどんどん口語で喋ることによって文章ができていくというのは多分キーボードで文章を作るときとは全く違った感覚を得られるでしょう。
文字入力を使えば恐らく1万人ぐらいの文字でもどうでしょう1時間あればできてしまうのではないでしょうか。
確かにキーボードから考えながら入力した文章とはその緻密さなどは多分違うと思います。
それでも読み手に伝わる文章が書ければいいわけなので音声入力で文章を書くというのも一つの手ではないでしょうか。
このやり方であれば今800文字の文章を作っていかなければならないわけですけれども1時間あれば10記事書くのも夢ではないでしょう。
音声入力の難しいところは次に何を喋るかということです。
でもあまり難しく考えないで思ったことをどんどんどんどん喋っていけばそれが文章になっていくのでそれで良いのではないかなと最近は思っています。
音声入力と言うと自分が凄いなあと思うのは勝間和代さんです。
あの人は有料の文章を音声入力で書いてそれもものすごい量の文章を毎日書いています。
あんな風にかけるようになるのも慣れの問題かと思います。
自分もどんどん毎日訓練して大量の文章が簡単に書けるようになりたいと思っています。
毎日練習していればきっと1ヶ月もあれば相当な進歩が得られるのではないでしょうか。
それがとっても楽しみ。
プロテクト・ワン 限度額

いつかはスタンウェイ

昔むかし、学校で「産業革命」について習ったことがありますね。18世紀後半にイギリスから始まった技術革新による産業構造の変化と経済発展のことです。思い出したでしょうか?

産業革命によって、ピアノにも大きな変化がもたらされました。それはどんな変化でしょうか。アメリカでの大量生産による低価格化と、アップライトピアノの市民層への普及。これはすごいことです。

低価格で良質なアップライトピアノがキンボールやボールドウィンなどによって大量に作られるようになりました。今も昔も「低価格」と「良質」という二つは商品の流通に欠かせない要素です。

第二次世界大戦が勃発するとヨーロッパは荒れ果ててしまい、敗戦国ドイツのピアノメーカーは生産を休止せざるを得なくなりましたが、戦勝国アメリカにいたスタンウェイは戦後も生産を続けました。コンサートグランドの分野において確実に力をつけていったのです。

スタンウェイ氏は、1849年にドイツからアメリカへと渡りました。1853年になると、スタンウェイ一族はニューヨークでアップライトピアノを作り始めました。その後1856年にはグランドピアノ製作に着手したのです。

1859年、低音部の軟銅線を2重にして巻くという方法によって弦の長さを短くすることに成功しました。そして現代のピアノと同じ7オクターブと4分の1で2本ペダルのピアノが作られていたのです。

第二次世界大戦の被災を免れたスタンウェイ氏はピアノ生産を続け、世界シェアを独占することに成功しました。現在でも数々の国際ピアノコンクールでスタンウェイのコンサートグランドが活躍していますね。

スタンウェイピアノは世界のあらゆるところで一流ピアニストたちに愛され、ピアノ愛好者たちに憧れられているのです。「いつかはクラウン」ならぬ「いつかはスタンウェイ」と夢見ていても結局かなわない、的な。

こちらの記事も読まれています⇒ ピアノ弾けるようになりたい

スタンウェイもいいけど、ベヒシュタインもすごくよくないですか?イタリアのファツィオリもよくないですか?ベーゼンドルファーも興味深いし。しげるカワイも弾いてみたい。ブーニンが自宅の練習用にしげるカワイを入れたそうですよ。

「いつかはスタンウェイ」だけじゃないですね。ファツィリオF275を2時間万円で弾くことができるそうです。そういう贅沢してみたいと感じるコロナ禍の今日この頃です。

.

ウォーターサーバーの利便性とは?

ウォーターサーバーのはじまりというのは、20世紀初期頃になります。
アメリカ合衆国で製造された「ウォータークーラー」と言われているようです。現在のように冷温システムが組み込まれてはいませんけど、きたないお水をろ過するシステムが組み込まれていました。
日本においては、水道水へのおびえや健康ブームの高まりから、2000年頃からあっという間に広がっていきました。日本においてはウォーターサーバーと呼ばれているのですが、日本以外の国では「ウォーターディスペンサー(Water dispenser)」、「ウォータークーラー(Water cooler)」と言われているケースが多いとのことです。
それとは別で、レストランやフードコートなどにある冷水、温かいお湯、お茶が出るものは「給茶機」、蛇口近くのボタンを押す、あるいはペダルを踏むと冷水が出てくるものは「ウォータークーラー(冷水機)」と呼ばれています。
ウォーターサーバーというのは、温かいお湯を沸かしたり、アイスで冷やしたりを行なわなくても、好きなタイミングで温かいお湯と冷水が利用できます。
このことは、ただ単に温かいお湯を沸かしたりアイスをいれて冷たくする手間がなくなるだけではなくて、温かいお湯と冷水を一緒にする事によって、1年365日適温のお水に調整ができるということであります。温度を下げたりあったかくしたりするための待ち時間から解き放たれる日常は、どうってことのないことだと思いますけど、ビックリするぐらい暮らしの利便性が高くなります。

お店でペットボトルのお水を購入すれば、買い物袋はうんざりする重量になってしまうだけでなく、右手と左手もいっぱいになってしまいます。チャリンコやカバンの取り回しのみならず、お子さんがいる場合だったら、手をつなぐことなどもできなくなってしまうと思います。
自分の家にボトルが送られて来るウォーターサーバーがあったら、重いペットボトルを買い物袋に入れることが必要なくなってくるのです。

うるのん 支払い方法