50超えたらお酒はビール・日本酒はやめて焼酎・ウィスキーに変えなさい

晩酌のお酒
なにを飲んでいますか?
やっぱり家に帰ってビールをキューッと一気に飲み干すのは一にちぃの疲れを癒す最高の1杯ですよね。
あるいは晩御飯のおかずを肴ににい本種をチビチビやるのもいいかもしれません。

でも、健康を考えて50歳を越えたら飲むお酒も考えていかなければなりません。

まず缶入りのカクテルやサワー類は控えたほうがいいでしょう。
それはとても甘くてかろろーも高く、アルコール度数も高くて飲みやすいからついつい飲み過ぎてしまうからです。

さらに日本酒やワインなどの「甘口」のお酒も変えた方がいいです。
一般的に「甘口」は「辛口」よりもカロリーが高く血糖値を上げるスピードも速いからです。
ワインなら「辛口の赤ワイン」は身体によいポリフェノールもたくさん含まれていてグッドなのですが、毎晩お晩酌でワインを飲む方も少ないのではないでしょうか。

ビールも糖質が多く、身体には悪影響を与えます。

そこでおすすめは「焼酎」です。
日本酒と焼酎を比べると圧倒的に焼酎のほうが血糖値を上げにくいお酒です。

身体のことを考えたら飲むお酒は「甘口」よりも「辛口」
さらにお酒の種類は「焼酎」「ウィスキー」に変えた方がおおです。

「焼酎」「ウィスキー」に共通しているのは「蒸留酒」という点です、

ビール
日本酒
ワイン
これはた醸造酒の分類になります。
これは原料を発酵させた原液を濾過して作ります。
原料のデンプンを糖化させて、その糖質を酵母の力で発酵させてアルコールにします。
この方法は原料の風味や味を色濃く残すので美味しく感じます。
しかし、カロリーが高いのです。

一方、焼酎やウィスキーは蒸留酒と呼ばれる分類です。
これらは発酵させた原液に熱を加えて蒸発hしたアルコールを抽出し、さらに立つなどに入れて熟成します。
蒸留酒は蒸発させたアルコールを使うため、酵母の影響を受けず効能dふぉのお酒となります。
これは余分な糖質をカットしているので、身体には良いのです。
つまり醸造酒より蒸留酒のほうが「血糖値が上がりにくい」ということ人あるのです。
シークワーサー 原液 お酒

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です