いつかはスタンウェイ

昔むかし、学校で「産業革命」について習ったことがありますね。18世紀後半にイギリスから始まった技術革新による産業構造の変化と経済発展のことです。思い出したでしょうか?

産業革命によって、ピアノにも大きな変化がもたらされました。それはどんな変化でしょうか。アメリカでの大量生産による低価格化と、アップライトピアノの市民層への普及。これはすごいことです。

低価格で良質なアップライトピアノがキンボールやボールドウィンなどによって大量に作られるようになりました。今も昔も「低価格」と「良質」という二つは商品の流通に欠かせない要素です。

第二次世界大戦が勃発するとヨーロッパは荒れ果ててしまい、敗戦国ドイツのピアノメーカーは生産を休止せざるを得なくなりましたが、戦勝国アメリカにいたスタンウェイは戦後も生産を続けました。コンサートグランドの分野において確実に力をつけていったのです。

スタンウェイ氏は、1849年にドイツからアメリカへと渡りました。1853年になると、スタンウェイ一族はニューヨークでアップライトピアノを作り始めました。その後1856年にはグランドピアノ製作に着手したのです。

1859年、低音部の軟銅線を2重にして巻くという方法によって弦の長さを短くすることに成功しました。そして現代のピアノと同じ7オクターブと4分の1で2本ペダルのピアノが作られていたのです。

第二次世界大戦の被災を免れたスタンウェイ氏はピアノ生産を続け、世界シェアを独占することに成功しました。現在でも数々の国際ピアノコンクールでスタンウェイのコンサートグランドが活躍していますね。

スタンウェイピアノは世界のあらゆるところで一流ピアニストたちに愛され、ピアノ愛好者たちに憧れられているのです。「いつかはクラウン」ならぬ「いつかはスタンウェイ」と夢見ていても結局かなわない、的な。

こちらの記事も読まれています⇒ ピアノ弾けるようになりたい

スタンウェイもいいけど、ベヒシュタインもすごくよくないですか?イタリアのファツィオリもよくないですか?ベーゼンドルファーも興味深いし。しげるカワイも弾いてみたい。ブーニンが自宅の練習用にしげるカワイを入れたそうですよ。

「いつかはスタンウェイ」だけじゃないですね。ファツィリオF275を2時間万円で弾くことができるそうです。そういう贅沢してみたいと感じるコロナ禍の今日この頃です。

.

50超えたらお酒はビール・日本酒はやめて焼酎・ウィスキーに変えなさい

晩酌のお酒
なにを飲んでいますか?
やっぱり家に帰ってビールをキューッと一気に飲み干すのは一にちぃの疲れを癒す最高の1杯ですよね。
あるいは晩御飯のおかずを肴ににい本種をチビチビやるのもいいかもしれません。

でも、健康を考えて50歳を越えたら飲むお酒も考えていかなければなりません。

まず缶入りのカクテルやサワー類は控えたほうがいいでしょう。
それはとても甘くてかろろーも高く、アルコール度数も高くて飲みやすいからついつい飲み過ぎてしまうからです。

さらに日本酒やワインなどの「甘口」のお酒も変えた方がいいです。
一般的に「甘口」は「辛口」よりもカロリーが高く血糖値を上げるスピードも速いからです。
ワインなら「辛口の赤ワイン」は身体によいポリフェノールもたくさん含まれていてグッドなのですが、毎晩お晩酌でワインを飲む方も少ないのではないでしょうか。

ビールも糖質が多く、身体には悪影響を与えます。

そこでおすすめは「焼酎」です。
日本酒と焼酎を比べると圧倒的に焼酎のほうが血糖値を上げにくいお酒です。

身体のことを考えたら飲むお酒は「甘口」よりも「辛口」
さらにお酒の種類は「焼酎」「ウィスキー」に変えた方がおおです。

「焼酎」「ウィスキー」に共通しているのは「蒸留酒」という点です、

ビール
日本酒
ワイン
これはた醸造酒の分類になります。
これは原料を発酵させた原液を濾過して作ります。
原料のデンプンを糖化させて、その糖質を酵母の力で発酵させてアルコールにします。
この方法は原料の風味や味を色濃く残すので美味しく感じます。
しかし、カロリーが高いのです。

一方、焼酎やウィスキーは蒸留酒と呼ばれる分類です。
これらは発酵させた原液に熱を加えて蒸発hしたアルコールを抽出し、さらに立つなどに入れて熟成します。
蒸留酒は蒸発させたアルコールを使うため、酵母の影響を受けず効能dふぉのお酒となります。
これは余分な糖質をカットしているので、身体には良いのです。
つまり醸造酒より蒸留酒のほうが「血糖値が上がりにくい」ということ人あるのです。
シークワーサー 原液 お酒